未使用車購入時に必要な書類

書類

 

未使用車は、走行距離のほとんどない新車同然の車です。すでにディーラー等の名義で登録されているので、購入するときには中古車を購入するときと同じ手続きが必要です。

 

同じ未使用車でも、

  • 普通車と軽自動車
  • ローンを組む組まない

で必要書類が違ってきますので、少しでも手間が省けるようにしっかり調べましょう。

 

未使用車の普通車を現金で購入する時の必要書類等

@実印

 

実印をお持ちでなければ、市区町村の役場窓口で数百円の登録費用で実印登録が即日でき、「印鑑登録証」が交付されます。運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの身分証明書が必要です。委任状があれば代理人が手続きできますが登録まで日数が必要です。

A印鑑証明書

 

印鑑登録証と身分証明書(不要な市区町村もあります)を持って、市区町村の役場窓口で手続きをすると発行手数料数100円で即日発行してくれます。発行日から3か月以内のものが必要です。

B車庫証明書

普通車購入前に手続きが完了していなければなりません。
費用は1〜2万円ほどで、販売店で代行して作成してくれますが、自分で取得する事も出来、費用は3000円位です。平日の夕5時頃までに警察署に書類の提出と受け取りに、2回出向く必要があります。

 

車庫証明を取得するときに必要な書類(インターネットでダウンロード可能です)

  1. 自動車保管場所申請書
  2. 保管場所標章交付申請書
  3. 車庫証明の自認書(自分所有の土地の場合)。または、承諾証明書(月極や親、親類の土地の場合)賃貸契約書の副本、その他使用に関する権利関係を証明する書類
  4. 車庫証明の所在図・配置図(車の使用者の家から、駐車場までの位置関係がわかる図)

*注意*
車庫証明の申請は、自宅から駐車場までが2km以内でなければ申請できません。

 

未使用車の軽自動車を購入するときの必要書類

  1. 認印
  2. 住民票 発行から3か月以内のもの。
  3. 車庫証明

車庫証明は必要な地域と不要な地域があり、販売店で確認できます。車購入後速やかに車庫証明を取る必要があります。

*必要な地域*
東京や大阪の中心から30km圏内にある都市、県庁所在地の市、人口10万人以上の市などが車庫証明の必要な地域となっています。自分で手続きする場合の費用は600円位です。

 

下取りや売却する車がある場合

  1. 印鑑証明
  2. 自動車検証
  3. 自賠責保険証
  4. リサイクル券(車購入時に支払います。)
  5. A、B、Cはダッシュボードの中のファイルなどにまとめて入っていることが多いです。

  6. 自動車納税証明書(5月頃に納税通知書が送られてきます。)

 

未使用車をローンで買う時の必要書類

ローン

 

ローンを組んで未使用車を購入する時は、銀行系のローンと、信販会社やディーラー系のクレジット会社のローンがあります。

 

銀行系のローンの場合、クレジット会社のローンより金利が安いのですが、審査に提出する書類が多く審査結果がでるまで時間が長くかかることもあります。またクレジット会社の中でも書類を銀行なみに提出する会社もありますので、確認した方が良いでしょう。

 

銀行系のローンの場合

必要書類は、

  1. 住民票
  2. 身分証明書
  3. 運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カードなど
  4. 収入を証明する書類
  5. ・給与所得者の方は源泉徴収票または、市区町村が発行する所得証明書が必要です。
    ・個人事業主の方は確定申告書または、納税証明書が必要です。

  6. 車の購入を証明する書類
  7. 注文書、請求書、契約書など、金額のはっきりわかるもの。

 

信販会社やディーラー系のクレジット会社のローンの場合

  1. 身分証明書
  2. 運転免許証、健康保険証、パスポートなど

  3. 印鑑登録証明書、
  4. 銀行印
  5. 未成年者の場合は本人と親の承諾書類が必要となります。

 

車をローンで買うときには金利の他に、手数料が必要なこともあります。手数料を考えると、審査が簡単なカードローン会社のローンと金利が大差ないこともありますので、自分が借りやすいローンを調べましょう。

 

未使用車の探し方